男性と女性

心理カウンセラーの資格を取ろう|人に寄り添う仕事

接骨院開業に必要な資格

メンズ

資格を取得するには

柔道整復師は、接骨院や整骨院を開業する際に必要になる資格です。この資格を取得するには高校卒業後厚生労働省が許可している養成施設に3年以上通うか、文部科学省が指定する4年制の大学で臨床系の専門科目を履修する方法があります。その後国家試験を受けて合格すれば、柔道整復師として認定されます。柔道整復師の国家試験は年に1回実施され、毎年3月上旬に行われています。試験科目は、解剖学・生理学・運動学・病理学概論・衛生学・公衆衛生学・一般臨床医学・外科学概論・整形外科学・リハビリテーション医学・柔道整復理論及び関係法規となっています。合格率は年度により異なりますが、だいたい受験者の7割程度が合格できているようです。

仕事の内容

柔道整復師の資格を取得すると、接骨院や整骨院を開くことができます。名前は異なっていますが、どちらも骨折・脱臼・打撲・捻挫などの損傷に対して、手術を行わない「非観血的療法」により人間の持つ自然治癒力を活かした治療を行います。治療には、健康保険や労災保険、交通事故を起した場合に自賠責保険などを用いることができます。ただし、肩こりや内臓疾患が理由による腰痛など、一部で健康保険が適用されない場合があります。完全に病気治療が理由の場合に、健康保険は適用されます。柔道整復師の資格を取得後、接骨院や整骨院に勤める以外に、福祉施設などで高齢者の機能回復をサポートする仕事や、スポーツトレーナーとしての道が開けます。